小柄な女性のマン臭(テレクラ体験談 小柄)

テレクラ体験談
  1. テレクラ体験談
  2. テレクラ体験談 小柄
  3. 小柄な女性のマン臭

小柄な女性のマン臭

35歳、子供二人、自営業です。
昨日、テレクラで知り合った30代と思われる地味目の女性とホテルに行きました。
地味だけど小柄で胸も普通にあるしスタイルもよかったので、ホテルに向かっている段階で既に僕は勃起していて、ポケットに手を入れて勃起がバレないように押さえてえていました。

ホテルに入って少し話しをしながら肩に手をかけると、こちらに身体を預けるようにしてきます。
肩を抱くと細い!なんて小さい肩!やはり小柄な女性はたまりません。
そのまま肩を抱いてキスをすると、僕の口の中を隅々まで舐めまわしてきます。
舌を絡めながらズボンの上から股間をなぜなぜするので負けじとキャミの下から手を入れ全体を揉みながら、人差し指と中指で乳首をコリコリしたり親指も使って優しくつまんだりすると、キスをしたままもう我慢出来ないって言う感じでぼくのベルトを外してパンツと一緒にずりおろし、つかんで軽く上下にしごきながら口を離して、マジマジ見ながら驚きの一言。
「これが欲しかったの。5年間我慢してた。」
思わずぼくは「エー5年間全然してないのー」
「そう全然…舐めていい?」
どうぞどうぞっていう感じでしゃぶってもらいました。
凄いですーめちゃめちゃ上手いしイヤラシーのがたまりません。
ウラスジから亀頭の回りまで縦横無尽に舐め回します。

10分くらいしてたでしょうか、たまらず僕はタイトスカートをたくしあげ、パンストに包まれたお尻を撫で回しながらあそこの匂いを嗅ぎました。
オシッコとチーズの蒸れた匂い…く…くさいスゴイ臭いだ!でもいい匂い!
早くあそこが見たい…パンストとパンツを一緒にずらして茶色いアナルと毛むくじゃらのあそこがむきだしに。
愛液でぐっちょぐちょになったあそこを両手の親指で拡げると、大陰唇と小陰唇の間にマンカスが…
マンカスが大好物、そんな人はいないと思いますがその時の僕は興奮していてマンカスまでおいしそうに見えてしまい、まるで皿に残った食べ残しのチーズのカスを舐めるようにむしゃぶりつきました。何だこの味は!まずい!けどおいしい!

小柄な女性に挿入する瞬間は本当に興奮します。
まさにその時を迎えマンコにチンコをあてがいますが、そんな簡単には入れません。
クリトリスに亀頭を擦り付けて「ねえ入れちゃうよ」とか言って焦らします。
「早く入れてぇ…」とまるでAVみたいなセリフをこんな華奢で小柄な女性から聞けた僕は満足して一気に貫くと…

…本当に凄い吠えるんです。シロメむいて。
ちょっと引きましたが、なんだか嬉しくなってガンガン腰を振ってしまいました。
それは良いのですが、部屋中の匂いが凄いんです。
チンコに白いドローとしたのがついて、先っぽがむず痒いんです。
ビョーキが怖かったですが、5年間してないと言うのを信じて、外だししました。

いつも不思議なのは、好みの女性の匂いは臭くても全然嫌じゃない。
ん?こういうのを「においフェチ」って言うのでしょうか。
帰りの車のハンドルを持つ手から匂ってくるマン臭にまた勃起してしまう…チャンチャン。

PC・スマホ・ケータイ対応のテレクラMGI(マックスグループインフォメーション)

今すぐテレクラ体験