超可愛い人妻にプチ中だし(テレクラ体験談 中だし)

テレクラ体験談
  1. テレクラ体験談
  2. テレクラ体験談 中だし
  3. 超可愛い人妻にプチ中だし

超可愛い人妻にプチ中だし

テレクラですごい子に知り合いました。
ロリで清潔感のあるクラスのアイドルタイプ。
サラサラの髪とスベスベの肌、つぶらな瞳で制服が似合いすぎるアキちゃん。
23歳既婚とは思えない見た目で何とかして中だししたい…と思い作戦を練りました。

初回に「もう少し一緒に居たい」と持ちかけるもホテルへは誘わず、紳士的に振る舞い、好印象のみ残してその日は別れました。
2回目は、数日も置かずに向こうから誘ってきました。
ケーキがおいしいお店でお茶して、手なづけます(笑
人妻とは言えど20代の女子で、甘い物嫌いはまず居ないですからね。
仲良くケーキを食べながら、しきりに「気を使ってくれて嬉しい」と感激している様子。
…これから中だしされちゃうのに、無邪気な笑顔です。

あとは流れでホテルへ。
ベッドの上では優しく執拗に攻め続け、ともかく気分を盛り上げます。
優しいキスから始めて、首筋・脇の下・胸・お腹と、全身をくまなくキス。
足指舐め迄行ってから、太ももをキスで這い登った頃には、彼女のアソコは大洪水でした。
クンニと同時に指でGスポットを優しく突いた頃には、膣がグネグネと収縮するのが分かります。
チンコを、グチョグチョのマンコに擦り付けながら、頃合をみて勝負を掛けました。

「アキちゃん、自分で脚を抱えて。」
(ここで、素直に従うようならもう大丈夫です。)
喘ぎながら素直に従う彼女。(よしっ!)
入口付近をチンコでノックしながら「入っちゃいそうだね~」
「ほら、先っぽがもう…」と振ると「あぁ駄目~」と、色っぽい声にもう我慢できません。
ぐぐーっとそのまま全部生チンコを挿入です!

「あ、あ、あ!」
「ああ、入っちゃってる~駄目~ん」
と言いつつ体をピクピクさせ、拒否出来ないアキちゃんの痴態に、マジ惚れしそうでした(笑
「ごめんね?可愛すぎだから我慢出来なくて」
「どうしてもアキちゃんと繋がりたくて…」
「あ~すごい嬉しいよ…」等々、歯の浮く台詞で褒め上げながら腰を振ると、彼女から熱いキスのお返し。
繋がりながらのエロいキスに、思わず射精感が高まります。
がっちり腰を掴んでピストン&ローリング。
アキちゃんの膣がキュキュっと締まってヤバイ位気持ちいい。
フィニッシュは、ディープキスでお互いの唇を貪りながら、第一射目を中で、直ぐに引き抜き残りをお腹にぶちまけました。
大量に射精したので、怪しまれませんでした。

念の為、直後の手マンでもう一度逝かせ「凄い泡立っちゃてるよ。気持ちよかった?」と、隠蔽工作&精子を膣に擦り付けときました(笑
ラブラブ状態でバイバイ、次回以降も生挿入オッケーでしょう。
そして、本人同意の上で大量の精子を中だしできる日もそう遠くないでしょう。

PC・スマホ・ケータイ対応のテレクラMGI(マックスグループインフォメーション)

今すぐテレクラ体験